20歳からアニメ好きになった人のブログ

メインは見たアニメの感想、時々読んだ漫画の感想やデジモンリンクスのプレイ日記など書いてます。かなり適当に書いている部分も多いので期待はしないでください。

【MAJOR 2nd(メジャーセカンド)】アニメ第9話を見た感想 親に無理をして明るく振る舞う光の気持ちなんか分かる・・・

f:id:niwakaaniota:20180730061815j:plain

第9話「光の思い」

<あらすじ>
夏の大会を直前に控えた練習試合でチームワークを深め、大吾たち三船ドルフィンズのメンバーは少しだけ自信と手ごたえをつかむ。 その一方で、あわただしく母の実家がある群馬に転校していった光は、ドルフィンズの仲間とも離れ、心の晴れない日々を送っていた。祖父や母の前では、けなげに明るくふるまう光だったが、転校した新しい小学校で野球チームに誘われても「いまはそんな気分になれない」と断ってしまう。
(テレビアニメ「メジャーセカンド」公式サイトより引用)


<キャスト(役:声優)>
茂野大吾:藤原夏海 
佐藤 光:西山宏太朗 
佐倉睦子:花澤香菜 
卜部隼人:市川太一 
鈴木アンディ:大畑伸太郎
村道塁(みちる):堀江由衣 
眉村 渉:福島 潤 
茂野いずみ:高森奈津美 
茂野吾郎:森久保祥太郎 
佐藤寿也:森田成一
茂野 薫:笹本優子
茂野英毅:咲野俊介
茂野桃子:野田順子
田代:森 訓久
藤井:草尾 毅

<主題歌>
オープニング
「超えていけ」歌手:キュウソネコカミ

エンディング
「プライド」歌手:高橋優 

 

<感想>
9話の感想を書きたいと思います。今回は光の話が中心の回だったかなと思います。

群馬での生活

f:id:niwakaaniota:20180730062711j:plain

神奈川から群馬に転校した光ですが、クラスに馴染んでる感じもなくてクラスメイトからの誘いも断っていましたね・・・。三船に転校してきたころはなんかコミュ力が高そうな感じだと思っていたんですがね。


本当は元気がないのに家族には明るく振る舞っていた光ですが気持ちが少し分かるような気がします。子供ながらやはり親には出来るだけ心配はかけたいくないと思いますからね・・・。でもやはり自分の子でずっと見てきたわけだから母親には気づかれてましたね。

複雑な家庭環境

f:id:niwakaaniota:20180730062836j:plain

なんで光の両親は離婚したんだろう思っていましたが今回は語られませんでしたね。光は小さいころから親のことを考えて気を使っていた感じがしてかわいそうだなと。野球を始めるときもなんか変な理由つけてたようだし。光の両親はもう一緒に暮らすことはなさそうでしたが連絡は取っていて光のことを気にかけていたようなので良かったと思いました。

転校しても

f:id:niwakaaniota:20180730062933j:plain

寿也が気を利かせて田代監督に連絡したようで、群馬に転校してもメンバー登録はしてあるので三船ドルフィンズの試合には出られるとのこと。ただ光がどう決断するのかはまだ分かりません。個人的にはまた三船で大吾と一緒に試合に出てほしいと思います。

姉のプレーを見て

f:id:niwakaaniota:20180730062953j:plain

姉・泉のスパイクを届けることになった大吾ですが練習試合を見ることに。初めて試合で泉の投げている所をみたんですがやはり茂野吾郎の遺伝子を受け継いでいるなと強く感じました。投げている球も凄くて、ミットに収まるときの音も明らかに女の子の投げた球とは思えませんでした。あとピンチでのメンタルの強さもありますね。見た感じだと女の子は泉一人みたいでしたね。三船ドルフィンズにも睦子がいますが、中学野球で男の中に女の子が一人混ざって普通にプレーしているのが凄いですね。この試合を見て大吾も色々勉強になったのかもしれません。

まとめ

佐藤寿也がおじいさんとおばあさんにどこの高校に行くか聞かれている過去のシーンが懐かしいなと。佐藤寿也がプロになって活躍できたのも金銭的に厳しい中で一生懸命働いて海堂高校へ行かせてくれた2人のおかげですね。今見ても気を遣わずに海堂高校へ行けという2人の寿也を思う気持ちにちょっと泣けますね。

長々と書いてしまいましたが、次回夏の大会での大吾の活躍に期待したいと思います。

 

 

8話の感想もどうぞ

niwakaanizuki.hatenablog.com