20歳からアニメ好きになった人のブログ

メインは見たアニメの感想、時々読んだ漫画の感想やデジモンリンクスのプレイ日記など書いてます

【デジモンアドベンチャー】アニメ全話を見た感想 大人になってから見てみたら泣けた・・・

41213362
デジモンアドベンチャー

<放送時期>1999年冬アニメ(1999年3月~2000年3月)

<あらすじ>
1999年8月1日。

子供会のサマーキャンプに来ていた小学生の八神太一、武之内空、石田ヤマト、泉光子郎、太刀川ミミ、城戸丈、高石タケルの7人は突然の吹雪を他の子供達から離れて、山にあった祠に隠れてやり過ごしていた。しかし、その祠の外に出た直後、日本で発生するはずのないオーロラを目撃、さらに謎の機械が降り注いだ。さらに7人の子供達はその機械の謎の力で発生した大瀑布に吸い込まれ、気がつくと未知の場所にたどり着き、そこで自分達を待っていたと言う「デジタルモンスター」と名乗る謎の生物達と出会う。

そして子供達とパートナーデジモン達の、長くて短いひと夏の冒険が始まった。

<登場人物(役:声優)>

選ばれし子供たち
八神 太一:藤田淑子
石田 ヤマト:風間勇刀
武之内 空:水谷優子
泉 光子郎:天神有海
太刀川 ミミ:前田愛
城戸 丈:菊池正美
高石 タケル:小西寛子
八神 ヒカリ:荒木香恵

パートナーデジモン
アグモン坂本千夏
ガブモン:山口眞弓
ピヨモン:重松花鳥
テントモン:櫻井孝宏
パルモン:山田きのこ
ゴマモン:竹内順子
パタモン:松本美和
テイルモン:徳光由禾


<主題歌>
オープニングテーマ
「Butter-Fly」歌:和田光司

エンディングテーマ
「I wish」歌:前田愛(1話~26話)
「keep on」歌:前田愛(27 話~54話)

挿入歌
「brave heart」歌:宮崎歩(1話~ 44話、46話~54話)
「勇気を翼にして〜八神太一のテーマ〜」 歌 :八神太一(藤田淑子)(38話・51話)
「Butter-Fly (ピアノ・バージョン)」歌:和田光司(53話・54話)


<話数>全54話

 

 

<感想>
アニメの感想を書く前にデジモンの思い出を少しだけ書こうと思います。放送されていたのが1999年とのことで、ちょうど俺が小学校の2年生ぐらいですかね。思い出してみるとこの時俺の学校で流行っていたのが、遊戯王ポケモンデジモンという記憶があります。俺はこの中で特に思い出に残っているのはポケモンデジモンポケモンについてはまあ今回はいいとして、液晶玩具っていうゲームがあってよく近所の友達と育ててジョグレス進化?だっけ?させられる機能があって遊んでました。このゲームはたまごっちに似てるかな・・・。世話をしながら育てていくゲームなので同じか・・・。今も復刻版が出ているようですが。

あとはカードを買っていましたね。友達と金を出し合って小さい箱に何枚か入ってるのを金を出し合って買った思い出があります。30枚ぐらいで800円だったか1000円ぐらいだったか忘れましたが。レアカードが何枚か入ってるんですがそれを誰が貰うかで喧嘩になったような気記憶があります。まあなんだかんだデジモンは好きだったなあ。


デジモンの映画の6章が公開されるとのことで、ニコ生でやっていたので全話見ました。子供の頃見たときも面白いアニメだったという記憶はありましたが、大人になってから見てみるとこの作品はやはり素晴らしい作品だったなと感じました。

まず曲についてですが、もうお亡くなりになっていますが和田光司さんが歌っている「Butter-Fly」が素晴らしいなと。この曲はアニメを見たことがない人でも良曲だと感じると思います。最終話で流れた時はちょっと泣いてしましました・・・。

エンディングテーマはミミ役の前田愛さんが歌っていましたが、作中でも歌うシーンがあるんですがこの声優さんはとても歌がうまいなと。

挿入歌の「brave heart」。進化するときに流れる曲ですがなんか聞いているともう俺はいい年のおっさんなんですが熱くなってきますwイントロが素晴らしいです。歌詞も良くて落ち込んでいるときに聞くと元気が出そうな曲だなと思いました。

f:id:niwakaaniota:20180928171104j:plain

見た感想ですが、みんなやられて絶望の中パタモンがエンジェモンに進化し、自分の全ての力と引き換えに必殺技である「ヘブンズナックル!」でデビモンを倒すシーンが一番印象に残りました。かなりかっこよかったです。全話見てみると他のデジモンとはちょっと違って切り札的なデジモンだったなと。終盤は成熟期で完全体と戦ったり、完全体に進化してからも究極体と戦ったりもしていたので、相性があるとはいえ強かったし特別なデジモンなんだなと感じました。それはあとから出てきたエンジェウーモンにもいえますが。ウォーグレイモンとメタルガルルモンに進化できたのもこの2体のおかげなので。

あともう一つ印象に残ったというか好きなシーンは、ウォーグレイモンとメタルガルルモンへ進化したシーンです。ヴェノムヴァンデモンとの戦いで進化したあの回のシーンです。ワープ進化の演出がかっこよかったなあと。

究極体まで進化した太一とヤマトのデジモンだけではなくて全てのパートナーデジモンに活躍の場面があったのは良かったかなと。全員が究極体に進化した姿も見てみたかった気もします。

子供たちの中には色々な家庭の事情なんかもある子供がいましたが、パートナーデジモンと冒険する中で仲間同士で喧嘩したりしながらも、誰かを思ったり信じたりする気持ちや、命の大切さなどを知り成長していくところも良かったです。子供たちが困難に立ち向かい、ヴァンデモンやピエモンなどいい悪役もいたので成長できたんだろうなと。

長くなるのでこの辺にしますが、物語や曲、進化するときの演出などすべてが良かったです。間違いなく子供向けのアニメだと思いますが大人が見ても楽しめる作品だと思いました。