20歳からアニメ好きになった人のブログ

メインは見たアニメの感想、時々読んだ漫画の感想やデジモンリンクスのプレイ日記など書いてます。かなり適当に書いている部分も多いので期待はしないでください。

【ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン】アニメ第11話を見た感想 キレたレンちゃんはやっぱ強い

f:id:niwakaaniota:20180817193654j:plain

第11話「イカレたレン」

<あらすじ>
ピトフーイが復活した。強豪チーム《MMTM》は彼女ひとりに全滅させられてしまう。ボスが率いる《SHINC》とレンのパートナーのフカ次郎は、ピトフーイとエムが潜むログハウスへ突撃を仕掛ける。次々と撃たれていく仲間たちを見て、レンはついに爆発する。
「なんでもいいからとにかく撃ち殺す!  ナイフでもいい! 他の手段でもいい! ピトさんぶっころすー!」
 《セカンド・スクワッド・ジャム》のクライマックスが始まる。倒されたライバルチームのメンバーや観客が見守る中、レンとピトフーイ、エムの対決が始まった。
「アレが、私の倒したかったレンだ」


<キャスト(役:声優)>

エム:興津和幸
フカ次郎:赤﨑千夏

 

<主題歌>
オープニングテーマ
「流星」歌:藍井エイル

 

エンディングテーマ
「To see the future」歌:楠木ともり

 


<感想>
11話の感想を書いていこうと思います。ここまで見てきましたがちょっと残念でした。前回はビームサーベルを持ったピトが姿を現したところで終わりましたね。

MMTMのメンバーも全員ピトが一人で倒してさすがなと思いましたが、MMTMはさすがに弱すぎるかなと。なんかこの大会が始まる前までは強いチームみたいに紹介されていた感じがするんですけどピトのあのビームサーベルが強いのかステータスが強いのか何かあっさりやられすぎでは・・・。女子高生たちのチームのSHINCも何がしたかったのか不明です。レンから事情は聞いているのでエムだけ倒そうとしたんだと思うけどあんな相手から見やすい所で敵を倒そうとしてはいけないでしょ・・・。荒野行動とPUBGを始めたばかりの頃の俺みたいなやられ方・・・。でもレンをどうにかする作戦だったんだろうな・・・。もしかしてわざと死んで以前みたいにレンをキレさせて覚醒させる作戦だったのかも知れない・・・。

今回のレンちゃんにはちょっとなあ。ピトを倒すとあれだけ意気込んでおきながらなぜかすぐ倒しに行かずにあとになって味方が倒されてからエムだけでも倒せばよかったとか言う始末・・・。SHINCを巻き込んでおきながら自分はすぐ倒しに行かないのはどうなんだろうなと。どうでもいいとか倒す倒さないとかレンちゃんが好きな俺でもさすがに少しイライラしましたよ・・・。さっさと倒しに行けばいいのにって何度も思ったよ。結局戦うことになるわけですが逃げて相手を誘って水の中にドボンさせて倒そうとしたのもちょっと萎えました。そして追い詰められたレンがフカ次郎に助けられるというご都合主義的な展開もさすがにね・・・。というかエムはフカ次郎倒しておけよと・・・。フカ次郎はグレネードで小屋事爆破させられたと思うぞ・・・。

次回はようやくサシで対決ですかね。あれだけ接近してるので肉弾戦になるんでしょうかね。そうなるとレンには不利になると思うけど・・・。いやレンのあのスピードならそんなこともないのか・・・。ここまでの展開を見る限りもう結果は見えてるような気がします。

なんだかんだ書きましたが貴重なレンちゃんの不細工な顔を見れたので良かったです。やっぱレンちゃんは可愛い。ピトは次でレンにやられるんだろうな・・・。